<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
我が家でホテルの朝食を
d0039912_11123447.jpg昨日は週一回の定休日でしたが、本日宴会の予約が入っていたため、夕方過ぎからお店に入り、ひとり仕込みに精を出しました。店主である夫はお客さんの展示会やライブなどに顔を出す、ということで、そちらへ行ってもらいました。

今朝。「そう言えば、今日は粗大ゴミ・不燃ゴミの日」と気付き、我が家の何年来の不燃ゴミの存在を思い出したので、よいしょよいしょと運び出しました。前住んでいた家で使っていたスダレ、使っていない傘、履き古した靴などなど・・・。あるわあるわ、ゴミ捨て場まで5往復位したでしょうか。

洗濯物も干し終え、気分爽快となったので、朝食の準備。だんな様はもちろん、まだ家に戻っておらず、朝帰りならぬ昼帰りのご様子。さぞかし楽しく酔っ払ったのだろう、と見越して、私だって少し休日気分を味わいたいなーと考えました。

ということで、テーマは「ホテルの朝食」

メニュー

ライ麦パンのチーズトースト
(トーストといっても、我が家にはトースターがなくチンしただけ)
ウインナー(普通にソテーしただけ)
スクランブルエッグ(ちょっと奮発して卵2ヶ分。うっ、普通か)

ホットコーヒーと共に美味しく頂きました。充分満足ー。そして、まだ夫は帰ってこない・・・。
[PR]
by eririn-mojo | 2009-01-27 11:39
インフルエンザ患者
結婚してもうすぐ11年となりますが、初めて完全なる里帰りをしました。しかも3泊4日も。自宅から実家まで車ならほんの2分ほど、徒歩でも15分ほどの距離のため、行くことはあっても泊まったことは一度もなかったのです。

というのも、お正月も終わりの1月4日辺りからすこぶる体調が悪く、その日からお店もスタートしましたが、早退する程でした。だるさと悪寒に襲われ、「風邪ひいたかなー」と思っておりました。1月3日に新宿へ映画を観に行ったのですが(ローリングストーンズの「シャイン ア ライト」)、そこでうつってしまったのか。

翌朝、早々に病院へ。「一応調べておきましょうね」と、インフルエンザの検査をやってもらう。「15分位したら結果が出るので」と、普通の待合室ではない所に通される。

「おいおい、もうインフルエンザ患者扱いかい?」

と憤慨するのもつかの間、1~2分で診察室に呼び戻される。

先生 「出ちゃったよー、あっという間。A型です」

私「えぇー。」

先生「じゃあ、説明するからね。タミフルっていう薬を出します。これこれあれこれ・・・。」

その後院外薬局へ。名前を聞かれると、

「あぁー、こちらへ。」

と、待合室の隅に通され、カーテンを閉められてしまう。こんなに隔離が必要なのか、マスクしているのに。

あまりの隔離対応に驚き、このまま自宅で生活してよいものか考えてしまう。夫はワクチンを打っていたが、もしうつってしまったら、大変なことだ。思い切って実家へ逆非難を決行。2日間は高熱に悩まされたが、その後は微熱と体の節々の痛み位だった。

どっぷり実家の居心地の良さを体感し、おととい帰宅。あー現実が戻ってきた。家事を一通り行い、軽くリハビリ。昨日より、いよいよ出勤。やっと一年が始まった感じ。次の冬前には必ずワクチンを打つぞと決意致しました。
[PR]
by eririn-mojo | 2009-01-09 04:37