<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
叔父さんのこと
先週私の叔父が亡くなりました。65歳という若さでした。
偶然というか、叔父が合わせてくれたかのように、もともとその叔父を含む一族の旅行の予定で、急にお店を休まずにお通夜へ向かうことが出来ました。

夕方、親戚が各地から駆けつけました。叔父の遺体をお棺へ入れる儀式でのこと。
お棺の中へ一緒に入れる品々を、葬儀屋さんが紙袋から一つずつ家族に手渡します。

「あのー新聞が入ってますが、これは・・・」と、葬儀屋さん。

家族、
「無くなった日読めなかった新聞なんですぅ」

一同ちょっと笑いに包まれたが、何ともホロリと泣けてきた。まだ日常の続きなんだ。

翌日お店を営業する関係で告別式まで参列することは出来なかったが、自宅からのお見送りが出来たので悔いはない。

もし夫が・・・と考えた時、何を持たせてあげるかな。
ブルースハープ・・・と思ったけど、燃えずに残るだろうな。ギターのピックは大丈夫かな。あぁ、それと慢性鼻炎&花粉症なので、ポケットティッシュは沢山持たせないとなぁ。

まぁ、とにかく。
近親の人が亡くなると、本当に寂しいものです。ご冥福をお祈り致します。
[PR]
by eririn-mojo | 2006-11-29 03:57
不妊症ですけど、何か?
先々週位から、池袋の病院へ通っている。不妊治療専門の病院です。

今まで自宅から車で5分ほどの病院へ行っていたが、どうも先生と相性が合わず、それと近いから「いつでも行ける」という怠惰、それから行くと妊婦さんだらけで何となく落ち着かず、矛先のない苛立ちや焦り・・・。

私が基礎体温をきちんと付けていない&先生から指定された日に通院しないくせに、「もっと治療のペースを上げて欲しい」とぬかしたもんだから、

「他の病院紹介しますよ。うちは不妊専門じゃないから、そんなに高度な治療は出来ない。」

先生、逆ギレ。何だったんだ、この数ヶ月は?そりゃあ、私だって治療を望んでいるくせにマジメに通わなかったから、いけないと反省してますけど。

よーし不妊症の女の意地を見せてやる!!とばかりに、先週から紹介してもらった池袋の病院へきっちり通っている。検査や治療の内容によって週に1~2回通院する必要があり、電車賃も馬鹿にならない。でも遠い所まで行っているんだから、不妊専門の先生や助産師さん達だから、そして患者さんはほとんど不妊治療の人だから、などなど頑張ろうという気持ちにさせてくれている。妊婦さんは一人もいないので、いやーなモヤモヤもない。自分の不妊治療のことだけ考えられるので、大変充実感がある。

「結婚して約9年ですかー。これは長期不妊ですねぇ。」

看護師さんに言われた。長期不妊ですか。重たい言葉だな。負けないぞぉ。
早くおんぶ紐を胸でバッテンにして、カウンターに立ちたいものです。
[PR]
by eririn-mojo | 2006-11-17 11:18