<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
男前豆腐店
d0039912_1723301.jpg
ちょっと前から目にしていたおかしな豆腐シリーズ。
初めて見かけて買ったのが「厚揚げ番長」だった。その後この「がんも番長」を見つけ、シリーズものであったか、と感動して撮影。その後「豆腐番長」も目撃。

何か分かるかもしれないとネットで調べてみると、想像以上に盛り上がっていた。着うたなんかまである様子。考えたら豆腐って、可愛い又はおもしろい又はかっこいいラベルの付いたものなんかは今までなかったよな。地味な食品と言うか。よくそこを発想転換したなぁ。見習わなければいかんのう。
男前豆腐店
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-31 17:37
道路に猫が飛び出してきたら・・・
ちょっと前に起きた「老人ホームでノラ猫が、寝たきりの老人の足の指を5本とも食いちぎる」事件、まだ記憶に新しい今日この頃ですが、今度は猫が引き金となって交通事故が起きてしまいました。
読売新聞の朝刊(10月28日付け)
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-28 17:06
人の振り見て我が振りなおせ
店で使う食材を買うのに、ほとんど毎日と言って良いほど通う店が何件かある。
ホントにほとんど毎日行っているため、レジを打つパートの人なんかを見て、
「あっ、この人新人だな」とか、「この人の方が手際がいいから、こっちに並ぼう」とか。
どうでもよいことを観察したり、天秤にかけたり。
その中でレジ一つとっても、その人の性格や言葉遣いやちょっとした気配りなど、結構目に付く。おまけにレジを打つ新人さんをフォローする指導の仕方など、まさかお客さんにそんなことまで見られてるとは思わないでしょうね。

ある時新人さんがレジを打ち、袋詰めをしながら横で指導するパートさんの列に並んだ。
このパートさん、たいしてベテランでもなくちょっと前に入ったばかりなのを私は知っていた。「研修中」というバッジがとれたばかりだった。
なのに、なのにすごい偉そうなこと!レジの打ち方が分からなくなっているのを横目で見ながら、気がつかない振り。聞かれて初めて「えぇーっ、なにぃぃ??」とデカイ声で聞き返す。おいおい、その姿全部お客さんに見られてますぞ。見てるこっちも何だか嫌な気分になってしまうよ。

こうやって私は店のサービス向上に生かしていきたいと思います。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-20 17:52
久しぶりのCD購入
d0039912_0321883.jpg
d0039912_035364.jpg

池袋のHMVで、久しぶりにCDを買った。
アイズレーブラザーズの「グルヴィー・ブラザーズ」と「バグダッド・カフェ」のサントラ。
昨日買ったばかりなのでしっかり聴き込んでないけど、アイズレーの方は池袋から帰る車の中でざっと聞いた。これは踊れます。あぁ、グラス片手にいい男と踊りたいね(果てしない妄想)。

バグダッドカフェは結婚する前に夫と観た映画。ちょっと甘酸っぱい思い出。でも昔過ぎて内容をイマイチ覚えてないので、近々もう一度観直したいと思ってる。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-17 00:47
私の好きなテレビ番組
かなり癒されていた。「内P」に・・・。

9月26日をもって「内村プロデュース(テレビ朝日23:15~)」が終了してしまった。
いつから始まっていたか、いつから観ていたかあまり意識はしていなかったけど、「また一週間が始まった、フゥ。」という憂鬱な月曜の気分を吹き飛ばしてくれる番組だった。←褒めすぎ?

ウッチャンのことをカッコイイなと思ったのも、この番組から。仕切り具合いが絶妙で、ちょっと素敵に見えた。ああ、これから月曜日をどうやって過ごしたらいいの?

私に残されたのは
●「タモリクラブ」テレビ朝日
●「刑事ナッシュ・ブリッジス(再放送)」テレビ東京
●「朝だ!生です旅サラダ」テレビ朝日
●「ワールドビジネスサテライト」テレビ東京
●「アド街ック天国」テレビ東京→これは最近全然見てない。この時間に帰れない。

思いつくのはこの位だなぁ。最近始まったような番組のことは良く知らない。
是非内Pの復活を心より願います。お願いだから19:30~とかで、やらないでね。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-06 17:55
羽毛布団騒動
昨日帰宅すると、ベッドの上にあった羽毛の掛け布団がなくなっていた。たぶん隣のお義母さんがクリーニングにでも出してくれたんだろうと、違う布団で寝ることにした。

先ほど店に一本の電話。お義母さんから。
「布団の羽毛が寄ってしまっていたので、買った業者に出したよ。いくらかかるか聞いたら、16万するんだって。高いなって思ったけど、そこらの布団とは羽が違うんだって。だから私が10万出すから、あなた6万出しなさい。」

えっー、ちょっと待って!!布団に6万も出せないよぉ。しかも新品購入じゃなくて、羽の洗浄と入れなおしだけで。今そこそこの羽毛布団であれば、29800円位で十分良いものが買えそうだし。と、嫁モードの言葉で丁重にお断りをする。すると母は、

「じゃあ、あなたが電話して。昨日頼んだばっかりだから大丈夫でしょ。」

早速聞いた電話番号へ電話するが、担当者は不在。折り返しかかってくることになった。今その電話を待っている状態。一応クーリングオフの説明が載っているサイトで基礎知識を確認しておく。適当なことを言われて動揺しないように。あー、無駄に緊張してる自分がいる。他の事で緊張しなきゃいけないことがいっぱいありそうなのに。一度新婚当時、30万するミシンを買ってしまい、クーリングオフの手続きを経験しているので、この位へっちゃらなはずなんだけどなぁ。6万がかかっているとなると、構えてしまう。早く電話こないかな。仕事が手につかないよー。

TELあり、お断り終了

いやぁ緊張したけど意外とすんなり。「何か理由でも・・・」と聞かれ、「必要ないからです」とズバッと言えた自分に本人がびっくり。30もゆうに超えるとずうずうしくなれるもんだな。とりあえず一件落着。今夜も羽毛のよれた布団で熟睡出来そう♪
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-04 17:26
H野高校HMFプロレスリング観戦
昨日は夫の出身高校の文化祭に行って来た。その中で毎年行われるプロレスに夫が出場するため、父兄参観する。今年で18回目というのだからすごいねぇ。よー続いてるねぇ。気付けば、夫を含めて中心になっている人は35歳。その下でも軽く30を超えている人が多いので、年々平均年齢が高まっている。

プロレスの良し悪しはよく分からないのであまりコメントしないが、メンバーそれぞれ結婚したり、子供が出来たり、会社で出世したりしなかったり、いろんな事情を背負ってその上で戦っている様が何だかジーンとくる。しかも普段から鍛えている人は数える程しか居ないようなので、体の衰えや筋力低下自体と戦っているようにも見えた。

それにしても、協力してくれた現役高校生達の目にはどんな風に映っているんだろう、この大人達が。

「いい歳して、よくこんなバカなことやるよな・・・」

なのか。それとも、

「オレも卒業してから、こうやって何かを一生懸命できるといいな」

なのか。別に模範解答的な後者じゃなくても良いけど。
まぁとりあえず、自分の母校で年齢を超えて何かを取り組むって、とっても貴重な体験だなと思った。ちなみに自分の高校へは卒業してからすぐ1回用があって行っただけで、10年以上足を運んでいない。当時女子高だったのが共学となって、だいぶ雰囲気も変わっているんだろうな。今は親しかった先生も学校を辞めてしまい、行く当てもない。ちょっと夫が羨ましくなった。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-10-03 18:20