<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
せっかくの頑張りが水の泡
昨晩は珍しく帰宅してから余力があったので、洗濯機にかけておいた衣類(干さないで出かけてしまった)を外へ干した。朝から干しておいた衣類も半乾きのなので、そのまま外へ出しておくことに。空を見上げるとかろうじて星が幾つか見えたので、安心して床につく。

「ザーッ!」

恵みの雨の音で目を覚ます。早朝帰宅した夫に慌てて聞く。
「雨、降ってんの?」
「大降りだよ」

あーん、余計なことをした。この音じゃ洗濯物はビチョビチョもいいとこ。
恐る恐る外へ出て洗濯物に近づくと、しっかり雨水を吸い込んでしたたっているではないか。やっぱり普段し慣れないこと、やっちゃダメね。泣く泣く洗濯物を取り込んで、そのまま洗濯機行き。帰ってからもう1回やらなきゃなんない。しかも濡れたまま一日放置しているから、悪臭を放っているかもしれない。トホホ・・・。屋根付きの干し場が欲しいよぉ~。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-30 19:06
いい男
深夜番組にリリー・フランキーが出ていた。さまーずの三村と吉田栄作がホスト役であるトーク番組。J-WAVEのこれまた深夜放送「TR2」にリリーさんが出ていて、何気にちょっと好きになっていたので、興味深く拝見した。

若い頃はお金がなくて、下北沢の飲み屋で残り物のちくわを食べて暮らしていた、とのこと。20代の当時、性欲は音楽によってもみ消され、流されていた。今の性欲の方が中学生なみ、なんだと。

Tシャツにブルーのジャケットというラフな着こなしの中にも、何か垢抜けた感じがする。顔をよーく見ると、そんなに美形タイプじゃない。42歳相応の雰囲気。髪もそこそこ白髪があって、一歩間違えれば、とんでもないことになりそうな長髪。

だけど何だかかっこいい。惹かれた。

そこで私のいい男論(リリーさんを参考に)を少々。
●10~20代で、極貧ではあるが自分らしく生活をしてきた。
●音楽が好き。
●エッチな内容も、照れずにさりげなく嫌味なく会話できる。
●気張ってないけど、お洒落さん。
●人の話をきちんと聞くことが出来る。
●話し言葉が丁寧で柔らかい。

挙げ始めたらきりがない。こんなところでやめておこう。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-29 00:02
人生の苦楽とは?
バイトのNちゃんが忙しそうにしている。ピアノの発表会や学校の試験が今週あるようで、ちょっと大変そう。思うに「社会人より大学、大学より高校の方が多忙で大変だ」ということ。決まったレールの中で、決められたカリキュラムの中で生活するのは、楽って言えば楽だし、窮屈で大変と言えば大変だな。

社会人であるワタクシの今の生活、いくらでも忙しくさせようとすれば出来るし、サボろうとすればサボれるかも。今の私、後者かな。店が始まる前は「アレはあーして、コレはこーして」と創造力抜群だったのに、只今現状維持で手一杯。いかーん、もうすぐOPENして1年になるし、このくすぶった自分を打破しなきゃ。しかも今度の8月で32歳。おいおい、ホントいい大人の年齢なのに。

そういえば、先日のフジロック談議(というか夫婦喧嘩)の際、夫に
「エリは苦労してないから・・・。苦労が似合わない。」
と言われたような。アタシ、苦労してないかな?人の苦労って何だろう?
おっと、また店で波紋を呼ぶような事を書いちゃった感じ。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-27 17:41
クーラーの季節
缶チューハイで酔っ払う午前1:28。一缶で十分いい気持ち。

土日は少々忙しかったので、お天気だったけどお洗濯してない。おまけに一昨日位(覚えてないという情けない状態)に乾燥機にかけた衣類もたたんでない。ドンドンしわになってしまうよ~。その衣類の上で猫達がお昼寝していそうで怖い。洗った物なのにまた毛だらけになっちゃう。明日早起きしてたたんでしまおう。

この暑さが続くと、どうしても以前いた特養(特別養護老人ホーム)のことを思い出す。
暑さと上司と戦った(怒られた)思い出。でもいろんなことを学んだ気がする。
働いている職員の体感温度と殆ど動かない利用者の感じる温度の差で問題が生じ、真夏なのに全面クーラー禁止条令が施設の中で言い渡された。書類に字を書いたりしていると手に紙がくっついたり、思考回路がおかしくなってモウロウとしたり。そんな中、忙しくてもクーラーのON・OFFをこまめに行い、クーラーは意外と乾燥するので、水分補給をきちんと行わなければいけないこと等、上司に教えられた。朝方や夕方の涼しい空気を有効活用して換気を行うことなど、自宅では当たり前に行っていることが施設では出来ない職員が多かった。

あぁ、クーラーどうしてるかな。退職してからもうすぐで一年になるけど、さすがに5年も在籍していると気になるもんだ。今度暇を見つけて抜き打ち訪問しようかな。そんなことよりまず、自宅のクーラーのフィルター掃除してから、よそんちのこと心配しよう。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-27 02:04
専業主婦 憩いの時間の友
平日の午前10:00。テレビ消して、さぁ出かけなきゃ!!と思いきや、神妙な顔をした泉ピン子が映ってる。しかも若い。チビッコのえなりかずきも小生意気なことを叫んでる。

再放送の「渡る世間は・・・」であります。親元にいた頃は、仕方なしに一緒に観ていたけどね。不幸不幸、また不幸の連続でこっちまでやりきれなくなるよなー。何でそこまでみんな、極端な考え方、行動をするのかね。もう少し、自分が幸せになるには周りが幸せであることって、あの人たち一人一人が考えれば平和でいられないかしら。あっ、それではドラマにならないね。

こういうツッコミしながら、ついつい観ちゃうっていうのが、このドラマの狙いかも。ご多分に漏れず、私は一般的な視聴者なんだな。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-23 16:21
真夜中のシンちゃん
d0039912_1515957.jpg
シンちゃん、お気に入りのソファにて睡眠中。シンちゃんは気持ち良くなってくると、両手をまっすぐ前に伸ばすことが多い。きゃわいーねぇ(我ながら猫バカどす)。あぁ私も寝ようっと。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-23 01:58
魔法の薬
d0039912_178586.jpg

疲れを感じたら、これ。「リメイン ヤング」と申します。スッポン卵加工食品だそうです。スッポンの他にも、無臭ニンニク、サンフラワーオイル、ミツロウ(どんなものか知らない)など入っているようです。

独身時代。
私の母は、私がちょっと疲れた顔をしたり、忙しそうにしていると、

「だまされたと思って、飲んで行きなさい!」

と玄関先で出かけようとする私を捕まえ、このセリフを何回言ったことか。
またぁ、大げさなんだよ~。そんなん言われたら飲むしかないね、と2粒飲む。

あれれ、何となく体が楽ちんです。母によると、軽く疲れた程度なら1粒で十分。ひどく疲れている時は2粒飲むと良いらしい。

昨年7月、店を始めてからすぐに母は「リメイン ヤング」様を私の所へ寄こした。今まであまり飲まなかったんだけど、昨日は睡眠不足と疲れをどうしたら良いか途方に暮れてしまったので、久々に「だまされて」みた。やはり2粒コースで。
おぉ!!さすがはリメイン様。ふと気がつくと、疲れと眠気が消えていた。
これなら毎日飲みたいなぁ。でも1瓶90粒入りで、9,000円。これを安い買い物というか否か。
かあさまにおねだりしてみようかな・・・。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-21 17:33
我が家の夫婦喧嘩事情
「だから、一緒に行きたいんだよう!!」

いつもお世話になっている近所のサイゼリアにて食事中、夫が大きな声を上げる。

ワインを飲みながらいろいろ話をしていると、フジロックの話へ移行する。
何で行かないのか、3日間自宅で過ごしてもったいなくないのか等々、言われ続けた。
「三連休なんてめったにないから、家のことをゆっくりやったり、都内のお店を回ったり、ぼんやりしたり、してみたいんだよ。」
と、私。すると、強い口調でこう返された。
「いつも、あぁ何にもやんなかった、とか言ってダラダラやってんじゃーん」
うぅ、それはそうなんだけどね。でもよ、3日間も店から開放されるっていうのは今までなかったから、すごく貴重なわけですよ。誰にも気を遣わず、自分のペースで自分のやりたいことをやりたいわけよ。確かにフジロックはすごく楽しい。すばらしい思い出になる。だけど今年の私に必要なのは、思い出より自由な時間と開放感。

私が酔っ払いながら自分の思っていることをぽろぽろと伝えていたその時、彼は怒り口調で言った。思い出を共有したいのだと。
あー困った。ここまでけんか腰になる程のものなのか、フジロックとは。ロックフェスに行く行かない位で夫婦喧嘩してどうするんだ。

今だ私が苗場へ足を運ぶか、決まっていない。あー困った。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-20 16:41
いろんな人生のかたち
自宅のパソコンが調子悪いため、ブログの更新が滞っている。昨日食べた夕食が何だったかさえ忘れる私なのに、2・3日前のことなど忘れちゃうよぉ。だけど先週の土日は珍しく、プライベートの時間が充実していたので覚えている。

まずは11日(土)、バイトのHちゃんの母校(中学&高校)の20周年記念祭へ遊びに行って来た。なんとハナレグミの永積くんも卒業生で、学校でライブをやるというので、ハナレグミが大好きな友人のUとバイトのKちゃんを誘い飯能へ。

何と、のどかな土地なんだ!!プチ旅行の気分になった。山々に囲まれたその学校は本当に噂通り、自由な雰囲気。こういう学校で育ったら、私も人生変わってたかもしれないな。

ライブは予想よりも小さい、中庭のような所で行われた。30m位前で永積くんがギターを抱えて、手作りステージで歌っている。もちろんカメラ所持のチェックなどあるわけなく、みんな好き放題撮る撮る。私も・・・と思ったら、いかん!車に携帯忘れてきちゃった。仕方がないから目に焼きつけておこう。

それにしても、生永積の声は良かったなぁ。「家族の風景」「さよならCOLOR」くらいしか、実は知らなかったんだけど。周囲の自然と絶妙にマッチして、ものすごく心地良い時間を過ごせました。

帰り、友人Uにこの感想を話したら、
「フジロックだって同じじゃないの?」
そ、そういえば、なおさら自然の極致でのライブだね、フジロックは。現在フジロック不参加宣言をしている私が、肯定してしまった。やっぱ、好きなのかな?こういうの・・・。

翌日12日(日)、今度は夫の妹夫婦が南千住にマンションを買ったということで、新居祝いにお呼ばれする。夫は夕方からライブのリハが入っていて間に合わないので、私が代表で行って来た。
d0039912_17191595.jpg
20階建ての高層マンション、最上階の角部屋。玄関に入るまでの通路で、下を見下ろすと足がすくんだ。お宅に入り、真正面の広いベランダからはすばらしい眺め。正面には遠く新宿のビル街、左手にはアサヒビールの金のオブジェ。夏には隅田川の花火大会が一望できるという。

あぁ、これが理想の家族、主婦像かしら。きれいなキッチン、広いリビングに大きなソファ、お風呂には乾燥機能付き。義妹(小学時代から友達)は現在妊娠中で、幸せの絶頂期。今年の夏は子供が生まれる前に夫婦2人だけの最後の旅行として、沖縄へ行くらしい。すてきぃ~!!絵に描いたような生活の展開だわ。

いやいや人生いろいろ、雑草だらけ、猫の毛だらけの我が家だって、きっと良いとこあるはずさ。夫がフジロックへ行っている間に、家をきれいにして、美味しいお茶(いやビールか?)でも入れて、ほっとしたいな。そんで、夕方から駅前の焼き鳥屋(ここ一年行ってない)へ行き、レモンサワー⇒にごり酒のコースをたどりたいな。あれ、結局お酒の話になってる。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-14 17:59
この瞬間も「一期一会」
Googleで私のブログ名である「一期一会」を入れてみたら、333,000件もの「一期一会」関係が検索された。そこで私のブログはどの辺りにあるかなぁ~なんて、本当に暇人のやることをやってしまった。そしたら、9ページ目の一番下に載っているのを発見!!

考えたら、ブログ名を「一期一会」としている割に、人との出会いを綴った内容がほとんど無い気がしてきた。自分の思い出にすがっている文章や家での出来事が多い。

人との出会いとは別に「一生に一度きりの機会」と言えば、どんな時もどんなことをやっていても、同じ時間は戻ってこないんだな。今こうやってパソコンに向かっている2005年6月9日の私は、もうやって来ないんだと思うと、ホント日々を大事に、後悔しないよう暮らしていきたいものですな。
[PR]
by eririn-mojo | 2005-06-09 17:05